スポンサードリンク



家づくり 土地収用による補償額はどれくらい?

家づくりには、もちろんお金が必要です。

我が家は、補償金で新築することになりました。

公共事業による土地収用は、補償額が大きいイメージがありますよね。

「大金が手に入るのでは?」とか、
「土地も全部買い取ってくれるのでは?」と思うかもしれません。

でも世の中そんなに甘くありません。

実際に経験してみて、初めて知ったのですが、
土地収用では、必要最低限の土地しか買い取ってくれないんです。

予算の都合があるのでしょうね。

近所の人に聞いた話でも、
ほんの少し数坪だけ残った土地でさえも、買ってくれなかったそうです。

狭すぎる残地では、家を建てられないし、使えない土地なのに、固定資産税だけはかかるので、「ちょっと困る」と言っていました。

そんな土地では、車1、2台分の駐車場にするくらいしか、使い道がありません。
借りてくれる人がいればの話ですが。

ただ土地代は、民間で普通に売却するよりは、高めに買ってくれる印象がありました。

我が家の場合は、土地自体はそれほど工事にかかっていなかったので、
ちょっとだけ売れました。

建物についての補償額は、それほど期待できません。

もし現在、同じレベルの家を建てた場合の補償額となるからです。

しかも築年数によって、ちょっと補償額が減ります。満額ではないのです。

建築会社数社の平均見積り額から、ちょっと引くと考えれば、大きな誤差はありません。

また、キッチンなどの水まわりの設備費は、低めに査定されるようです。

逆に「こんなに補償されるの?」という項目もあります。

トータルすると、プラスマイナスで、「まぁまぁ満足できる金額」ではあります。

土地収用では、そこそこの金額は手に入りますが、お金持ちになれるわけではありません(笑)

元の家にも、それほどお金はかけていませんしね。


スポンサードリンク






初めての家づくり入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。