スポンサードリンク



工事の騒音と振動、ホコリに悩まされる日々が続きました。

家づくりの話の前に、
近所で道路の拡張工事があり、周囲の家は土地収用が決まりました。

土地収用とは、公共事業が必要な土地を、国や地方が地主から取得することです。

でも我が家は、対象外でした。

わずか数メートル、計画から外れていたのです。

周囲の家は、どんどん立ち退き、解体工事が始まりました。

すぐ側で家の解体が進むので、その騒音と振動は凄いものでした。

特に隣のビルの解体の時は、ひどかったです。
大きな重機が、我が家より上で解体工事しているのですから。

更地になった土地では、すぐに道路の拡張工事も始まりました。

昼間の工事の騒音は、耳栓が必要なほどです。

テレビの音なんて、まったく聞こえません。

また振動は、まるで地震のようでした。

窓ガラスがビリビリ揺れ、家具も揺れました。

しかもそんな状態が、日中何時間も続くのです。

その当時、両親は退職していたので、日中は家にいたし、
私も自営業なので、在宅で仕事をしていました。

だから工事の騒音と振動のストレスは、相当なものでした。

昼間は振動で、パソコンも使えません。
あまりの振動で、ハードディスクが壊れるかもしれないからです。

それほど酷かったです。

耐え切れずに、何度も家族で外出したものです。
特に用事はなかったのですが、工事が終わるまでの時間つぶしです。

工事の埃(ホコリ)も凄かったですよ。

夏場でも窓が開けられずに、だいぶ苦労しました。

暑くて暑くて、熱中症になりそうなくらいでした。

それでも窓は開けられない。

ホコリがひどいので、洗濯物も外には干せません。

仕方なく夜に洗濯するのですが、乾かないので、乾燥機を使います。
だから電気代にも影響がありました。

道路の拡張工事には、新しい橋の建築工事も含まれていたので、
辛い日々が、長期間続きました。

1年以上は、このような状態が続いたと思います。

工事の振動による、我が家への影響も心配です。

地震のように揺れるので、必ず影響があるはずです。

「ただでさえ老朽化が進んでいるのに・・・」
「ひび割れや、家の傾きはないのだろうか・・・」

心配事が尽きません。

このように、我が家とは無関係な工事に、長期間ストレスが溜まり続けました。

せめて我が家も、土地収用の対象なら、少しは我慢できるのに。



スポンサードリンク






初めての家づくり入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。