スポンサードリンク



家づくり 平屋にするか、二階建てにするか?

家づくりでは、平屋か二階建てかという選択肢があります。

もちろん二階建て以上の家もありますが、普通は二階建てまでが多いですよね。

地方なら、地価が安いので、どちらでも選択できます。

都市部は地価が高いので、土地を有効活用するために、二階建てにすることがあります。

平屋は土地を広く使うし、屋根が大きいので、コストが高くなります。

でも平屋には、大きなメリットがあります。

平屋は階段が不要なので、内部のスペースが広く使えます。

家中を一目で見渡すこともできます。

それに平屋のほうが、掃除も楽です。

また年をとると、階段の上り下りが、大変になります。

バリアフリーの平屋なら、高齢者でも暮らしやすいです。

我が家の場合、前の家は5人家族で、建坪が58坪ほどありました。

でも、子供達の成長によって、家族構成が変化したことで、
前ほど大きな家は必要なくなりました。

基本的には、両親2人暮らしなので、予備に1部屋あればよいです。

子供達が帰省した時に泊ったり、お客さんが泊れる部屋です。

したがって、新築は半分くらいの建坪でも十分です。

両親の老後や、母のひざが痛いなど、健康面を考えると、将来二階には上れなくなる可能性があります。

家庭用エレベーターを付けるほど、予算に余裕はありません。

幸い地方の田舎なので、土地代は安いです。

そこで新築は、30坪前後の平屋に決めました。


スポンサードリンク






初めての家づくり入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。