スポンサードリンク



家づくり 平屋は二階建てに比べて暑い?

家づくりで、平屋か二階建てかを決める時に、
暑さ対策も考える必要があります。

私は平屋にも、二階建て住宅の二階にも、長年住んだことがあります。

どちらか片方だけにしか住んだことがないと、気付き難いかも知れませんが、暑さへの影響は大切です。

例えば二階建ての場合、一階は二階に比較すると、かなり涼しいです。

でも二階は、屋根に太陽光が当たると、室内の気温が上がるので、とても暑いのです。

二階はクーラー無しでは、暮らせないことがあります。

鉄筋コンクリート住宅の場合は、なおさらです。

夜中もコンクリートから熱が出るので、暑いです。

その点、一階は太陽光の熱が直接は影響しないので、二階よりは快適です。

窓を開けるだけで、十分なこともあります。

平屋の場合は、屋根が直ぐ上にのっているので、太陽光の熱の影響が大きいです。

つまり、同じ一階でも、平屋のほうが、二階建ての一階より暑いのです。

最近の鉄骨住宅のように、断熱材が入っている場合でも、平屋は暑いことがあるので、事前に確認が必要です。

二階建ての二階から、平屋への変化の場合は、たぶん大丈夫です。
断熱材が入れば、少しは涼しくなるかも知れません。

問題は、二階建ての一階から、平屋への変化の場合です。

できれば、夏場の暑い時期に行なわれる、住宅完成見学会で、実際に体験してみることをおすすめします。

完成見学会では、お客様が快適に感じるように、エアコンを入れている場合もあります。

他のお客様がいない時にでも、エアコンを切った時の室温を体験できるとよいでしょう。

二階建ては、建売でも多いし、完成見学会も多いです。チャンスはたくさんあります。

平屋は少ないので、ハウスメーカーの営業担当者に声をかけておき、機会があれば案内してもらうと良いです。


スポンサードリンク






初めての家づくり入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。