スポンサードリンク



家づくりは土地の選択がとても大事です。

家づくりは、どの土地に建てるかによって、大きく変わります。

まず土地が決まらないと、

どんな家を建てるのか?その予算は?など、具体的なことが何も決まりません。

家の設計は、土地の形状、向きなどに大きく影響されます。

実は土地によって予算も変わります。

地盤の強度が足りなければ、補強工事が必要だし、

土地の高低差などによって、工事の内容が変わるためです。

見積金額に大きく影響します。

土地を決める時、大きく分けると、二通りあります。

・既に土地が決まっている
・これから土地を購入する

前者の場合は、土地選びで迷うことはありません。

例えば、今住んでいる家の建て替えの場合や、

親から相続した土地などがある場合です。

既に土地が決まっているのは、迷わなくて良いことがメリットです。

しかし土地が選べないのは、デメリットでもあります。

後者のように、これから買う場合は、条件の良い土地を選べるのがメリットです。

しかし条件の良い土地が、運良く売り出されているか、

予算が合うか、などの問題があります。

同じような条件の土地なら、迷うことがありますよね。

土地選びの決断には、かなりの精神的なエネルギーが必要です。

家は土地の形状や方角によって、間取りに影響がでます。

また、周囲の土地や道路との高低差によっては、

外構にとてもお金がかかることもありえます。

よく言われている家作りに理想的な良い土地と言うのは、

東西に長めの土地で、周囲と高低差が少ない土地です。

できるだけ、接している道路からもスムーズに出入りできる土地がベスト。

東西に長めの土地は、

日中は日当たりの良い部屋の間取りが取りやすく、

朝日や西日が当たるのは、最小限に設計できます。

多少は方向がずれていても大丈夫。

また高低差がないほうが、要壁などを作る必要が無いので、

外構にかける費用が安くて済みます。

それ以外には、土地周辺の環境面も大事です。

買い物の便利さとか、病院が近いかなど、暮らしにかかわる部分のことです。

もしあなたが子育て世代なら、学校なども土地選びのポイントになります。

家を建てる土地は一度決めると、変更できないので、しっかり検討してください。

スポンサードリンク






初めての家づくり入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。